プロが答えるよくある質問

屋根が雨漏りした時にとるべき3つの正しい行動

iStock_000023085982_Small

ある日突然に屋根で雨漏りが発生して悩んではいないだろうか?

だが安心して欲しい。雨漏りは珍しい事ではない。全国で見れば大きな台風がくる度に問い合わせが殺到する状況だ。だからあなたの家だけの問題ではないのだから、一人で悩みをかかえる必要はないし、恥ずかしがる事でもない。

重要なのはむしろ、雨漏りが発生した直後に適切な行動がすぐとれるか?なのだ。なぜなら、雨漏りはすぐに対応しないと、状況が悪化しどんどん修理代が高くなるしまして、自分で修理などはかえって雨漏りを拡大する結果につながることがあるからだ。

そして雨漏りの修理には安くない金額がかかるのだが、場合によっては無料で直せることもあるのだ。まずはこの記事を最後まで読んで、適切な対応方法を知ってほしい。この記事で説明する適切な行動とは以下の3つの行動だ。

(1)雨漏りの応急処置は自分でやらない。
(2)雨漏りの保険を確認する。
(3)雨漏りの業者を選定する。

本日は屋根のリフォームコンサルタントをやっている私が雨漏りが起きた時の正しい3つの行動を解説する。

(1)雨漏りの応急処置は自分でやらない。

雨漏りして、すぐに業者に連絡しても来てくれる業者は少ないだろう。

そうなると、まずは応急処置だが屋根の雨漏りは当然雨の中を梯子を使って登る必要がある。しかしそれは絶対にやってはいけない行動だ。

多くのWEBサイトで、ブルーシートや防水テープを使って屋根の上にのぼって応急処置をする事を薦めているがそれは絶対誤った見解だ。絶対にやめたほうがいい。その理由は3つある。

①素人が屋根の上に登るのは危険

男性だと、「自分は大丈夫だ!」と思われる方が多いのだが、全国で屋根から落ちてケガをするケースが非常に多い。まして雨の中に梯子をかけて登るのは命がけの作業だ。雨漏りに命をかける必要はあるだろうか?

②素人が雨漏り箇所を探すのは困難

仮に屋根の上に登れたとしても、雨漏りが屋根のどの部分から漏れているのか特定するのは、非常に困難だ。もちろん一目で雨漏りが発見できるケースもあるが、ほとんどのケースは雨漏りの原因を特定することは難しい。つまり意味がないのだ。

③雨漏りを直したつもりが、さらなる雨漏りに!

屋根は繊細な箇所だ。雨漏りを直す過程において新たな雨漏りを発生させてしまう事があるのだ。例えばブルーシートで雨漏り箇所と思われる箇所を覆ったとしても、雨水の流れが意図しない場所に集中し、新たな雨漏りを発生させてしまうことになるのだ。

以上の理由で、応急処置を自分達でやるのはおすすめしない。

だから応急処置としてやれるこてゃバケツとタオルを用意し、雨漏りしている箇所に設置するのが正しい行動なのだ。雨が止むのを待とう。

ただしそれらのリスクを承知の上で応急処置を行う場合は、以下の道具を用意して行うのが応急処置としては一般的だから、一応紹介しておく。

・梯子
・ブルーシート
・土嚢(ブルーシートを固定するもの)
・コーキング材(トタン屋根の場合、釘穴などの箇所を埋める)
・防水テープ

(2)雨漏りの保険を確認する。

iStock_000067687247_Small

雨漏りが発生してすぐに保険を確認しよう。保険が適用されれば雨漏り工事が無料になるかもしれないからだ。雨漏りに適用される保険は2つある。どちらか片方の条件に当てはまれば、保険が適用される。

※正確に言えば「条件1」の保険はあなたが入っている保険ではなく、新築施工業者が加入している保険の事だ。それを念頭に入れて読み進めてほしい。

条件1:新築から10年以内の雨漏りの場合

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が適用されるため施工業者に補修義務がある。

条件2:風災による雨漏りの場合

風災がきっかけで雨漏りが発生した場合は火災保険が適用される。

条件1:新築から10年以内の雨漏りの場合

新築の住宅は引き渡しから10年間は建物に欠陥があった場合、保証する義務がある。だから新築から10年未満の住宅はまずは施工業者に連絡をとってみるべきだ。

しかし実際には施工業者が、修理を渋ったり、そもそも施工業者が倒産しているというケースもあると思うがそんな時でも、施工業者は「住宅瑕疵担保責任保険」への加入義務があり、万が一の場合もあなた自身がこの保険法人から、雨漏り修理にかかるお金を請求する事ができるのだ。

対象の方は下記ホームページを確認してほしい。

引用先: 住宅瑕疵担保責任保険協会

住宅庇護担保責任保険協会から引用:
「消費者を守るしくみとして、住宅事業者が倒産した等で、相当の期間を経過してもなお補修が行えない場合は、発注者や買主である住宅取得者の方が保険法人に瑕疵の補修等にかかる費用等(保険金)を直接請求することができます。」

条件2:風災による雨漏りの場合

新築から10年経過している場合は、火災保険を確認してほしい。火災保険というとほとんどの方は火事に適用される保険という認識だと思うが「落雷」や「風災」にも対応している。だから雨漏りが「風災」によるものであれば、風災が発生して3年以内に申請すれば雨漏りの修理費用が保険で適用される。

火災保険を適用させるために確認して欲しいポイントは3つだ

①火災保険に加入している事
②風災があってから3年以内
③修理費用が20万円以上であること

①火災保険に加入している事

まずは火災保険の加入を確認し、加入時にもらった書類やパンフットの「風災」について確認しよう。

②風災があってから3年以内

あくまで雨漏りの保証ではなく、風災の保証だ。いつでも請求できるわけではなく風災があってから3年以内までしか請求できない。

③修理費用が20万円以上であること

もし雨漏りの修理費用が19万円であった場合も保険の適用範囲外だ。この点を留意しよう。雨漏りが「風災」ではなく「経年劣化」によるものだった場合

経年劣化だからとあきらめてはいけない。逆に言えばその雨漏りは本当に「経年劣化」のせいなのだろうか?考えても見てほしい。異常気象が珍しくなくなった昨今3年間の間にどれだけの強風が発生しただろうか?日本のどの地域にいたとしても3年間もあれば台風や強風に晒されたはずだ。

だから「経年劣化」と思う場合もあきらめないで欲しい。実は「風災」によるものである可能性があるからだ。

火災保険請求の実績のある屋根修理業者に頼む

火災保険の申請をすると、保険会社から依頼されて屋根が「経年劣化」か?「風災」か?を判定する鑑定調査士がやってくるのだが、この鑑定士は実は適当な事が多い。なぜならもちろん彼らは然るべき資格をもっているのだが、現場経験がなく彼らでさえ「風災」か「経年劣化」かを見極めるのは困難な事が多い。だから彼らは保険会社が有利になるような調査結果を出すはずだ。

そこで、あなたに有利に働くのは火災保険請求の実績のある屋根修理の業者だ。業者を選定する際もこのポイントを必ず押さえよう。

(3)雨漏り業者を選定する。

残念な話だが、先に事実を話さなければならない。雨漏り業者には怪しい業者がいるのは事実だ。ではどうやって適切な業者を見つければいいのだろうか?

結論を言えば、情報を持たない一般の方が一人で見つける方法はない。

しかし、1社の話しか聞かないで決めるのではなく、複数社の話を聞けば一般の方でもどの業者が適切なのか比べる事は可能だ。

「複数の業者にに声をかけるのは気が引ける・・・」
「”他の会社も検討している”とは言えない・・」

などと心配する必要はない。なぜなら雨漏り業者にとって、比較されるのは日常茶飯事だからだ。それに見積もりだけしてもらうのは当然の権利だから堂々とすればよいのだ。

逆に複数社の話を聞くことを話して「今うちに決めてくれれば、割引しますよ」などと行ってくる業者は、絶対に信用しない方がよい。そう言う事をいう業者はすぐに検討を打ち切ろう。

情報のない一般の方が、自分の目でよい業者を見極めるのは複数の業者から話を聞くこの方法しかない。

知人や友人に業者を紹介してもらうという方法もあるが、筆者はおすすめしない。その理由はよくある事なのだが

「知り合いの顔を立てたりした手前、納得してなくても依頼せざるをえない状況」
「その業者が良くない業者だったときは、紹介した知人との関係が悪くなる」

多くのお金が関係する事は、知人などは間に挟まない方があなたのためだ。繰り返すが、正しい業者を見つける方法は複数の業者に声をかけるのが一番なのだ。この点を肝に銘じてほしい。

では次に業者を呼んだときに、屋根の雨漏りの相場価格は事前に知っておいた方がよいので説明する。

雨漏りの価格相場

雨漏りの価格相場は工事の種類よって下記の4つに分かれる。

雨漏工事の種類 相場価格
部分補修 数万円~30万円
塗装 30万円~100万円
カバー工法 50万円~120万円
葺き替え(ふきかえ) 70万円~150万円

いずれにせよ、雨漏りが発生すればすぐに業者を呼んで、修理してもらうのが一番修理費用がかからないのだ。
雨漏りは、当たり前だが晴れの日には、被害は発生しない。だから修理を依頼するのがついつい遅くなりがち
なのだ。だから雨漏りはすぐに修理を依頼するのがベストだ。

最後に

いかがだろうか?ここまで読んでいただければだいぶ安心していただけた事と思う。最後になるが雨漏りは早く対応すればするほど修理代が安くすむのだ。逆に放置すると被害は広がり「黒カビ」「シロアリ」の発生の可能性もある。そうなれば葺き替え(ふきかえ)になりそうなれば修理費も莫大になる。

また保険なども申請が面倒などと考えてはいけない。こういった時にあるのだからフルに活用しよう。

そして最も重要なのが良い業者に屋根の工事をしてもらう事だが、繰り返しになるが良い業者を見極める方法は、複数の業者に声をかけて複数の業者と話してみることだ。その際やたら値引きを強調したり、恐怖心をあおるような業者は選定から外したほうが無難だ。

逆に値段がある程度いったとしても、その値段の明細が明確であり、価格に根拠がある業者は信用しても良いだろう。

施工業者
塗装箇所
坪数
施工金額

このサイトは雨漏り修理専門業者の一括見積をサービスとして行っている。ページの下にある”クイック診断”を試してみてほしい。一度の入力で複数の優良な業者を紹介させていただくサービスだから検討してほしい。

あなたの雨漏り修理、価格相場は今いくら?

簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!簡単10秒相場CHECK!今なら見積りチェックで業界事情ネタバレ小冊子プレゼント中!

  • ※いきなり業者から電話がかかってくる事はありませんのでご安心ください。稀に弊社より確認のご連絡をする場合がございます。

次へ次へ

次ページで「業界事情ネタバレ」小冊子をプレゼント中(※日まで)